BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 知識
  4. マツエクのエクステ原料とは?

マツエクのエクステ原料とは?

マツエクのその正体って何?

そもそもマツエクのエクステって何だと思いますか?まつエクの予約を取る際良く聞くミンク・セーブル・シルクなど何となく言いたいことはわかるんだけど、、、、そもそも何が違うの?と疑問に思った方は多いんじゃないかなと思います。

まつエク種類

ミンクエクステ

いろいろな種類がある中でミンクエクステはしっかりとした弾力で毛質は硬く、毛質は太くなっています。一般的に多く扱われており浸しみやすいエクステで多くの方が1度は付けられたことがあるエクステ。仕上がりは、マットな感じで黒くふさふさと、ゴージャス感を演出してくれます。ミンクはセーブルに比べ太い部分の距離がセールルより長く太く見えるのが特徴。ミンク=動物の毛というイメージがありますが、多くのエクステはミンクの毛は使われていない。稀にリアルミンクなどと商品が出回っているよです。その詳しい成分メーカーなどにより内容は異なる場合がある。なので一般的に出回っているミンクエクステには動物の毛は含まれていないと考える。実際使われている成分はミンクセーブルシルクも同じPBT(ポリブチレンテレフタレート)という成分である。

シルクエクステ

ミンクよりも質感は固めで、しっかりした印象で何と言ってもリーズナブルな値段なので、メンテナンスも楽にできるでしょう。また、固めの材質で弾力があるため、カールが取れにくいというメリットがあります。さらに、しっかりとしたツヤが楽しめる素材なので、仕上がりを重視する場合はおすすめの素材です。ミンクを使うよりも強めの印象になるので、付けた感じのインパクトが欲しい方やしっかりとした印象が欲しい方にはオススメのエクステです。

セーブル

上記の2種類と比較して、もっとも自然のまつげに近い柔らかで高級なまつげエクステです。柔らかな素材で、良く広告などにも出でおり高級感や柔らかいなどのイメージを持っている方が多い。ミンクに比べて細くなっている距離がミンクに比べて長いのでミンクより柔らかいものが多い。なので自まつげになじみやすく、セーブル特有のしなやかさがあるため、エクステのもちも良い場合も考えられる。ミンクやシルクを使用して、違和感やゴワつきを感じた人は、試してみる価値があると思います。軽い付け心地なので、エクステを装着していることを忘れてしまう人もいるそうです。もっともナチュラルな仕上がりが期待できる種類なので、まつげエクステにこだわりがある方にはぴったりですね。

値段について

値段は、セーブルエクステ>ミンクエクステ>シルクエクステの順に高価です。素材の柔らかさも値段と関係しているようで、セーブルエクステ>ミンクエクステ>シルクエクステの順に柔らかく、もちが良いとのこと。やはりまつ毛につけるものなのでより自然で柔らかなものが人気のようです。付け心地や仕上がり価格をもとに好みで判断すると、自分に合ったまつげエクステを見つけやすいでしょう。しかし、長持ちさせたい時はセーブル、気軽に楽しみたい時にはシルクなど、シーンや目的で使い分けてみるのも、おすすめです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

月を選択